夕樹七瀬のお告げ☆

愛猫らら この世からの旅立ち のお告げ


2018-12-31 15:38
大晦日!
みなさんクソ忙しくお過ごし?
帰郷したマゾもいるんじゃなくって?

さて、七瀬はというと

今月18日に愛猫らら(三毛猫のメスにゃんこの方)がこの世から旅立ちました。
11歳4ヶ月でした。

血尿が出てから半年くらいずっと検査したり通院したりの日々。
七瀬パパも肺炎で10月に緊急入院して、ららとパパとダブル介護で七瀬も腰痛がドイヒーな中
今月15日くらいからららの体調が急変し
最後は腎不全であっという間でした。

最後は七瀬ガッツリ!看取ったよ。
息も絶え絶え状態で本当に苦しそうで辛そうで、、、、、
ららの大好きな快楽伸びポーズをさせてあげたら、、、、
伸びーーーーーと仰け反ってそのまま逝ってしまった。
目が、カーーーーー!!!!!っと開いて、尻尾はふわぁぁぁぁぁあああっと膨らみ、
らら!らら!全身ぐにゃんぐにゃんで抱っこするのが難しいくらいに。
深夜2時40分頃でした。
目頭を指でツンツンしても無反応。
目の輝き方が一気に変わって、ぎゅっと締まっていた肛門括約筋もパッカリ緩みアナルもぽっかりと穴が開き
ピンク色だった鼻、舌、歯茎、肉球が一気に色を失った。
1時間半くらいで死後硬直がはじまった。お尻から体液が出て来た。
抜け殻となったららの身体。
さっきまで確実に熱い命が燃えていた。とても不思議だった。

大泣き。信じられない。でも現実。

ららはツヤツヤの三毛の可愛い肉体を捨てて旅立った。この世を卒業したのだ。

犬みたい!とお友達からも驚かれるくらい人懐っこくて、食い意地がなくて、とにかく遊んで?構って?触って?私を見てーーー?の、活発で好奇心旺盛なメスにゃんこだった。
みんなから愛された。

パパの介護もあって断腸の思いでその日のうちに火葬した。
冷静な自分がとてもショックだった。
ぽっかり状態のまま22日自分の誕生日を迎えた。

私の心と身体にまた新しい穴がぽっかり空いた。
いままで生きて来て色んな穴があって、無意識にその穴を埋めようと必死だった時期もあった。
でも5年前くらいから、空いた穴は塞がらないし、そーゆーものなんだと気づけてから
トリプル全摘のオペも、自分でも引くくらいwとても大きな穴が空いたけど
焦ったし元気なんて無いしひたすら具合悪いし被害妄想もドイヒーになって周りにも心配かけちゃったけど
乗り越えられた。

命が尽きること。命に限りがある事。
それはとても自然な事。必ずみんな訪れる事。
涙は勝手に溢れてくるけど、家族の死別は悲しいけど、でも、嘆き悲しむべき事ではない。

ららは、この世には別れがある事、そして出会いがある事、自分の心身が気持ちいいことに忠実であるのは本物の自分を生きる事、決して媚びを売らない事…色々教えてくれた。


かけがえの無い家族、親友、仲間、、、しなやかで可愛い愛しのららは、私の中で何も変わらない。


ららありがとう?安心してねLOVE

ららを可愛がってくれた方々お世話になりました。ありがとうございました。

そして、来年も夕樹七瀬を宜しくお願い致します!
来年早々の降臨は2019年1月11日金曜日
ドルチェ薫ママの聖誕祭に女体盛り降臨します??ぜったい来てね☆〜(ゝ。∂)

写真だよーーーー


写真だよーーー
写真だよーーー
写真だよーーー
写真だよーーー